災害時の必需品!?災害が起こった時の袋の活用方法

ホウザイホンポスタッフ、Sです。
今回のテーマは「災害時の必需品!?災害が起こった時の袋の活用方法」についてです。

スーパーやコンビニなどで当たり前に使っているビニール袋。そんなビニールが災害時に役立つということを知っていますか??今回はそんなビニール袋を使った防災ワザをご紹介いたします。

■保温目的で利用
災害の夜や冬の季節は気温が下がり、寒さ対策が必要になってきます。そんな時は、大きめのビニール袋を頭からすっぽり被り、顔だけ出します。通気性がないので、体温を逃しにくくなり、保温効果が得られます。また、そうすることでレインコートとして利用することもでき、大変便利です。

■飲料水の運搬・保管
災害が起こると、水が止められてしまう場合があるため、水の確保が必要になります。保管できる容器の数が限られている場合、ビニール袋を何枚か重ねて、飲料水を保管することができます。また、ダンボールとレジ袋を組み合わせることで、バケツのように運ぶこともできます。

■お皿として利用
食べ物を分けてもらう時などに、新品のポリ袋があれば、食べ物を直接入れることができます。新聞紙でお皿を作って、その上からポリ袋をかぶせれば、汁物も入れることができる立派なお皿に変身します。

■簡易トイレとして利用
トイレが故障している場合など、ビニール袋を簡易トイレとして使用することができます。また、袋を一枚の布状にし、真ん中にタオルや衣類などを敷けば、赤ちゃんの非常用のおむつにもなります。

■怪我したときの処置
骨折してしまった場合は、袋を使って「三角巾」が簡単に作れます。レジ袋の両端を裂いて、首から吊るし、新聞紙を丸めたものであれば、添え木の代わりにもなります。また、怪我した人を手当てするときの感染予防として、袋に手を入れれば「手袋」として使うこともできます。

■まとめ
いざという時に知っておくと便利なビニール袋を使った防災ワザをご紹介しました。このような袋を防災グッズの中にたくさん入れておくと損はしないと思います。防災は、モノだけではなく、こうした知識も生かされます。いざという時は、ぜひこの知識を活用してくださいね。

OPP袋のように透明であることで得られる価値とは

ホウザイホンポスタッフ、Sです。
今回のテーマは「OPP袋のように透明であることで得られる価値とは」についてです。

衛生的にもデザインにも優れている袋ですが、みなさんはなぜ食品の袋が透明なのか疑問に思ったことはありませんか??今回は袋が透明であることによって得られる価値についてお話ししようと思います。

■透明なので視読性が確保される
OPP袋のように透明であることによって、未開封でも中身を確認することができます。例えば、ゴミ袋といえば大体は半透明ですよね。透明だとプライバシーや個人情報流出の点でも気になります。なのになぜ透明にしているかというと、中身が見えることによって、プラスチックの分別の徹底を図ることはもちろんのこと、収集作業員の安全を確保するためなのです。誤ってカッターやカミソリなどの危険なプラスチック製品が入っていたとしても、中身が見えることによって怪我などの事故を未然に防ぐことができます。

■食品などの場合には「美味しさ」が伝わる
食品に袋をする理由として、衛生面でのことや、湿気や商品の味を損なわないように、安心、安全に消費者に提供することが求められています。生鮮食品には特に気を使って、より新鮮さや美味しさを伝わるように食品袋を透明にしています。

■スーパーなどなら「売れやすい」
もし野菜や魚などの食品が中身が見えない状態で売られているとすると、傷んでいたり新鮮な状態なのかを見ることができなくて、不安になりますよね。袋が透明であることによって、目で見て安全だと確認することができ、購入者の購入意欲を高めるという効果が期待されます。

■まとめ
今回のテーマは「OPP袋のように透明であることで得られる価値とは」についてでした。
袋を透明にすることで、様々な効果が発揮されていたことがわかりました。ホウザイホンポは、生活雑貨、衣料品、文具、手芸品、パンフレット、食品等、多岐に渡る用途にご使用いただける包装資材を取り揃えておりますので、まずは気軽にお問い合わせください。

包装資材で梱包することで得られるメリット

ホウザイホンポスタッフ、Sです。
今回のテーマは「包装資材で梱包することで得られるメリット」についてです。

インターネット普及によるネットショップの利用増加に伴い、宅配で商品を受け取ったり、送ったりする機会が増えたのではないでしょうか。商品をそのまま裸で送ると、壊れたり傷ついたりするため、商品を守るために必ず「梱包」という作業をします。今回はそんな「梱包」によるメリットについてご紹介いたします。

■物を包むことで、外部からの衝撃に対して中身を守る
「梱包」を行う理由として、輸送中の衝撃などによる商品の破損や変形を防ぐのが一番の理由だと言えます。品物をダンボールに入れるだけだと、傷がついたり破損する恐れがあるため、きちんと商品を包んであげることが大切です。商品が壊れてしまった場合、顧客からのクレームや、お店自体の信頼を失うことになりかねませんね。

■物流中心がトラックのため運びやすくなる
配送の際に利用されるのが、トラックです。配送の際の荷物には、テレビなどの大きいものがあったり、ワレモノや食品など色々なものを運んでいます。そしてより効率よく運びやすくするために利用されるのがダンボールです。ダンボールを利用することによって、荷物を重ねることができ、一度にたくさんの荷物を運ぶことが可能になります。

■検品などのバーコードチェック、情報統制が可能
スーパーなどにある梱包された商品に必ず記載されているのがバーコードです。バーコードは、流通や商品管理に必要な国名や業種・商品名・価格などの情報が含まれており、ハンディターミナルやバーコードリーダーで読み取ることができます。包装資材は、バーコードを記載するという大事な役割を果たしています。

■ものを包むとともに真心も包む
梱包する際にテープをすることや、ビニール袋に入れるなどのルールはもちろんのこと、荷物を受け取る側の気持ちを考えて梱包してあげるとより素敵ですね。ちょっとした手紙を添えてあげるのも喜ばれると思います。

■まとめ
今回は「包装資材で梱包することで得られるメリット」についてでした。今では当たり前な存在の包装資材ですが、そのありがたみを分かって頂けましたでしょうか。ボウサイホンポは生活雑貨、衣料品、文具、手芸品、パンフレット、食品等、多岐に渡る用途にご使用いただける包装資材を取り揃えております。包装資材のことならボウサイホンポにお任せください。

こんなところにOPP袋✌️

 

みなさん初めまして!ホウザイホンポブログ担当Aです!日常の中でどのような形でホウザイホンポの包装資材が使われているかを発信していきたいと思います^ ^

今回は母の日のプレゼントとして日傘としても雨傘としても使える傘を購入しました^ ^

 

OPPの袋でラッピングしてもらいリボンまで付けてもらいました!

年に一度の母の日、皆さんは何をプレゼントする予定ですか?

食品包装資材やお菓子包装資材のニーズが高めているわけ

● 食品包装資材やお菓子包装資材のニーズが高めているわけ

ホウザイホンポスタッフ、ブログ担当Sです。今回のテーマは「食品包装資材やお菓子包装資材のニーズが高めているわけ」についてです。

包装資材っていろんなところで活躍しています。お菓子一つとってもお菓子の小分けの袋、その小分けの袋を入れる周りの袋、さらに梱包するときにも利用することもあります。
今回は「どうして食品包装資材がニーズを高めているのか」について3つの観点についてご説明いたします。

■コロナの衛生面環境向上
これが包装資材のニーズが高まっている、一番の理由の一つかもしれません。
コロナ感染拡大防止のため、食品スーパーなどではこれまで裸売りにされていた揚げ物などの総菜にプラスチック製のふた付きパックに入れて販売する形になりました。ベーカリーコーナーのパンや鮮魚などの商品もフードパックや OPP製の袋、紙の包装資材などに入れて提供しています。このようにコロナウイルスが出回ったことにより、衛生面をより気にするようになったのが理由の一つだと言えます。

■消費者意識の向上
今は誕生日や何かの記念日にプレゼントをしたり、バレンタインデーやホワイトデーにお菓子を手作りしたりする機会が増えましたね。その時にラッピングをするわけですが、今は可愛らしいデザインのラッピングや、おしゃれなラッピングの仕方など、包装する際の需要が高まっています。ラッピングされたプレゼントを開けるのってワクワクしますよね。

■販売会社の要望
最近は「いつでも・どこでも」手軽に買い物ができるネットショップが年々増加しています。
ネットショップが拡大してくるということは、自宅に荷物を届ける際の包装資材も必要になってきます。ネットショップが拡大してくるとなると、包装資材も増加傾向にあるといえます。

■まとめ
このように、コロナの影響であったり、時代の流れだったりで、包装資材が当たり前かつ必要不可欠な存在であることがわかりました。包装資材がどうして需要を高めているのか知ることができたと思います。
ホウザイホンポは、生活雑貨、衣料品、文具、手芸品、パンフレット、食品等、多岐に渡る用途にご使用いただける包装資材を取り揃えております。袋でお悩みでしたらぜひご相談ください。

メルカリならダイソーなど100均でも販売しているOPP袋

● メルカリならダイソーなど100均でも販売しているOPP袋

ホウザイホンポスタッフ、ブログ担当Sです。今回のテーマは「メルカリならダイソーなど100均でも販売しているOPP袋」についてです。

みなさんはメルカリを利用していますか??メルカリとは、無料で使えるフリマアプリのことです。自分の家にある不要なものを売ったり、他人が売っている商品を購入することもできます。今回はメルカリについてお話ししようと思います。

■メルカリが主婦や女性の中でも人気
メルカリは女性ユーザーがかなり多いので、ファッションやアクセサリーなどの女性ものも結構売れます。合間の隙間時間を見つけて、手軽に商品を出品できるので、特に主婦の方に人気です。 

■小物やいろんなものを販売して手軽に稼ぐ
メルカリの公式で発表している「メルカリを使う理由ランキング」での1位が「不要なものが売れるから」でした。(調査期間:2019年8月30日)自宅にある不要なものをスマートフォン一つで手軽に出品できる点は人気の理由の一つとなっています。

■写真撮影や、商品魅力にするにはOPP袋
ラッピングに多く用いられているのがOPP袋です。OPP袋は透明度が高いので、中身が美しく見え、見栄えが格段に上がります。商品を発送する際には、商品をOPP袋に入れた後、ダンボールや封筒などに入れてあげるといいと思います。

■100円ショップのダイソーでもあるので便利
「今すぐ包装資材が必要なのに、手元にない!」という方は、お近くのダイソーなどの100均で手に入れることができます。商品を梱包する自信がない、という方でも簡単に梱包することができます。大事なのは、”商品が傷つかない、壊れないようにする”、”商品が濡れないようにする”、”綺麗に梱包する”この3つを守っていれば何とかなると思います。

■まとめ
メルカリをこれから利用する方も、もうすでに利用している方もこの記事を参考にしていただければと思います。お互い気持ちの良い取引になるようにしたいですね。
ホウザイホンポは、生活雑貨、衣料品、文具、手芸品、パンフレット、食品等、多岐に渡る用途にご使用いただける包装資材を取り揃えておりますので、大量に包装資材が必要な場合はホウザイホンポまで、まずは気軽にお問い合わせください。

食品包装によって得られるコロナ対策

■ 食品包装によって得られるコロナ対策

ホウザイホンポスタッフ、ブログ担当Sです。
今回のテーマは「食品包装によって得られるコロナ対策」についてです。

ホウザイホンポでは包装資材を販売してるのですが、売れる商品はやっぱりパッケージ自体がしっかりしてるように思います。
いわゆる包装設計についての話です。

包装を設計するためには、まず、包装する食品の特性、流通条件、使用条件を知ることが必要と言われています。
特に、食品の特性を知らずに包装設計するとクレームになることもありますが、売れる包装だけでなく、安全性とか保護性などいろんな諸事情を考慮しつつ、包装形態、包装材料を設計する必要があります。

よく言われている食品包装への期待ですが下記のようなものがあります。

◆ 保護性 酸素バリア性、水蒸気バリア性、遮光性、耐熱性、耐寒性
◆ 使用性 開封性、再封性、取り出しやすさ、持ちやすさ、安定性、加熱調理適性
◆ 安全衛生性 溶出物、使用添加物の安全性、残留溶剤、異物・コンタミ、いたずら防止、使用時のケガ、トレーサビリティー
◆ 環境適性 省資源、省エネルギー、リサイクル適性、環境汚染物質、分別適性
◆ 生産性 資材コスト、包装経費
◆ 適法性 食品衛生法、日本農林規格、PL法、計量法、容器包装リサイクル法など
(環境庁HPから引用)

包装は様々な技術の集大成であり、技術の進歩とともに包装も進歩してきました。また、包装に関わる技術などである、材料技術、成形加工技術、印刷技術、包装機械、物流技術、食品加工技術、リサイクル技術、など、たくさんあります。
もちろんですが、販売時に個別包装することで得られる安心性 = コロナ対策 というものも販売現場では影響が強くあります。
ほかの人が触れないですし包装によって食品を守る価値もあるわけです、世の中のニーズにしっかり対応しているのが食品包装である、わけです。

包装資材の歴史を紐といてみます

■ 包装資材の歴史を紐といてみます

ホウザイホンポスタッフ、ブログ担当Sです。
今回のテーマは「包装資材の歴史を紐といてみます」についてです。

現在では、コンビニやスーパーなどにあって当たり前の存在となるビニール袋ですが、そのビニール袋が無かった時代はどのように過ごしていたのでしょうか。
ずっと昔、ビニール袋が無かった時代、動物の皮を縫い合わせて袋状にしたりなど、袋状のものは必要だったので重宝されていました。「包装資材」とはおそらく非常に高価なものだったと予想されます。

・麻(あさ):紀元前4000年頃
・藁(わら):縄文時代
・紐(ひも)縄(なわ):奈良時代
・樽(たる):鎌倉時代後半
・桶(おけ):平安時代以降
・風呂敷(ふろしき):平安時代以降
・紙袋(かみふくろ):1923年
・ビニール袋:1970年

このように歴史上、様々な包装資材が開発されました。上記のほかに、壺(つぼ)や瓶のような土器や、食品の保存や持ち運び用に、ひょうたん・竹の筒・貝類など、様々な工夫がされています。
日本の歴史だけでなく世界の歴史なども見て言えば「つつむ」という必要性に加えて、袋や梱包というものの価値が見えてくるのではないでしょうか。ビニール袋の歴史がすごく浅いことにもびっくりですが、実はダンボールなんかも昔からあるのかと思ってたらそんなことなかったりします。

ビニール袋なんかは今よく言われるSDGSなんかによれば、地球の再資源再生産の観点から考えていけば資源を使っている点は問題視される部分もあるのですが、現在においてはその便利さや清潔さもそうですし、中身が見えるので魅力的などいろんな諸事情があって需要が伸びています。今後もまだまだ変化していくだろうこの包装、という分野ですがどうなるのか自分自身も楽しみです。

包装資材には、このような様々な苦労があったのですね。どこでも当たり前に包装資材にありつける現代は便利な時代になりました。
ホウザイホンポは、生活雑貨、衣料品、文具、手芸品、パンフレット、食品等、多岐に渡る用途にご使用いただける包装資材を取り揃えております。
まずはお気軽にお問合せください。

袋の種類とOPP以外の袋いろいろ

■ 袋の種類とOPP以外の袋いろいろ

ホウザイホンポスタッフ、ブログ担当Sです。
今回のテーマは「袋の種類とOPP以外の袋いろいろ」についてです。

身近に存在するいろんな袋、有料になってしまったレジ袋もそうですし、スーパーに行けば果物にも袋つめになってたりしますし、本当にたくさんの袋があります。
ちなみにみなさんが一般に「袋」と聞くとイメージ的に、どんなものを想像しますでしょうかか??

業種として仕事として製造業に関わっている方などでしたら、商品を封入するポリ袋、または、作業時のゴミを片付けるゴミ袋、お店をされている方などでしたら、お客様に買って頂いた商品を持ち運ぶためのレジ袋などでしょうか?こんな感じに、「袋」って使用する商品によってものすごく種類があるんです。そういうわけで、ここでは「袋」を用途や種別で出来るだけ細かく分類してみました。

◆ レジ袋
これが最も身近かもしれません、レジ袋は、スーパーやコンビニなどで商品を入れてくれる袋の事です。
一般的には、HDPEを使用します。横にチ部分が付いているので多少膨らむ商品でも使用できます。規格商品としていくつかのサイズがありますが、印刷や生地色を変えるなどの別注製作も出来ます。レジ袋が有料化になっていろいろ問題も生じてますが、とりあえずレジ袋が袋といえば有名です。

◆ OPP袋 正式名称「オリエンテッドポリプロピレン Oriented Polypropylene(二軸延伸ポリプロピレン)」
OPP袋は、透明性に優れつやがあり高級感がある材質で、ポリプロピレン系の材質です。
衣料品やアクセサリー、小物などを美しく包装できギフトなどにも最適です。このOPP袋もよく見ますしスーパーなどでも見かけます。
OPP袋の利点も多々あるのですが、OPP袋の特性上では、防湿・液体物・粉末物封入といった面では不向きでです。

◆ OPPテープ付き袋
OPP袋にふた部分を追加しそこに粘着のり(テープ)を付けた袋です。見た目もよく簡単に包装できるので作業性も優れています。商品の包装やダイレクトメール(DM)なんかには役立ちますし、透明封筒、ピュアパック、フィルム袋、ビニール封筒なんかにはこの、テープ付きOPP袋が有効です。

◆ OPPヘッダー付き袋
OPPテープ付き袋の上にヘッダーと呼ばれる吊り下げ用の部分を追加した袋です。穴のサイズや種類も何種類かあったりします。
フック穴に掛けるタイプで、店舗のディスプレイなどで綺麗に展示・陳列できます。最近ではペットボトル飲料などに吊り下げるタイプもあります。

などざっと袋だけでも多くの袋があるんです、袋でお悩みでしたらぜひご相談ください。

OPPとは何か知っていますか?

■ OPPとは何か知っていますか?

ホウザイホンポスタッフ、ブログ担当Sです。
今回のテーマは「OPPとは何か知っていますか?」についてです。

包装資材の分野においてよく出てくる「OPP」「CPP」は、ともにポリプロピレン(PP)フィルムの仲間。製造方法が異なり、性質も若干異なります。

OPP=Oriented PolyPolypropylene(二軸延伸ポリプロピレン)
縦横に伸ばして熱で固定したフィルムです。その為引っ張る力に強く伸びません。

CPP=Cast PolyPolypropylene (無軸延伸ポリプロピレン)
ポリプロピレン材を伸ばさないで成型したフィルムです。その為、引っ張ると伸びますが丈夫なものです、ちなみに、OPP・CPPともにPVC(ポリ塩化ビニル)のように塩素を含みません。

ちなみにOPP袋の特徴ですが、
・光沢があり、透明性が抜群に高い。                 
・防湿性、耐水性に優れている。                   
・耐熱性に優れている。                         
・耐油性に優れている。                         
・耐ボイル性に優れている。
・引っ張り強度・引き裂き強度に優れている。
・印刷の発色がいい、 などの特徴があります。

他方OPP袋のデメリットとしては、
・ヒートシール性がない。 
・ガスバリアー性が悪い。
・切れ目から裂けやすい。
・寒冷地では強度が落ちる、などがあります。

OPPとかCPPとか聞きなれない言葉ですが、ちょっとした専門用語ですので、あまり気にしないでご相談ください。
用途によっては当然OPPでないほうが良い場合もありますし、包装資材のことなら何でもお任せください。