簡単3ステップ!本を梱包する際の基本的な手順例

ホウザイホンポスタッフ、Sです。
今回のテーマは「簡単3ステップ!本を梱包する際の基本的な手順例」です。

メルカリやヤフオクなどで売れた本を配送する場合、梱包作業が必要になります。しかし相手の手元に届いた本の状態によっては評価が大きく下がったり、クレームに繋がったりするケースがあります。そうならないように細かい部分にまで気を配りながら本を梱包することが大切です。今回は本を梱包する際のアイテムや基本的な梱包手順についてご紹介したいと思います。

■本の梱包に必要なアイテム
本や漫画の梱包に必要なアイテムは、以下の通りです。

・ビニール袋もしくはOPPシート
・新聞紙やプチプチ
・ダンボールまたは袋
・ガムテープや養生テープ

■本・漫画を梱包する手順
本・漫画は、以下の手順で梱包しましょう。

1.本をOPPシートやエアキャップで包む
2.ダンボールまたは袋に入れ、すき間を新聞紙やエアキャップで埋める
3.ダンボールまたは袋の口をテープで閉じる

冊数が少ない場合や1冊1冊が薄い場合は、封筒を使うことができます。中にエアキャップが付いた封筒もあるので、うまく活用してみましょう。

■まとめ
今回のテーマは「簡単3ステップ!本を梱包する際の基本的な手順例」についてでした。
本はプチプチなしでも、OPP袋やダンボール紙を用意すれば、防水や衝撃に配慮した梱包ができます。本はきちんと梱包しないとクレームに繋がりやすい商品ですので、気を配りながら梱包するようにしましょう。

ホウザイホンポはOPP袋を主軸とした包装、梱包資材の専門店です。生活雑貨、衣料品、文具、手芸品、パンフレット、食品等、多岐に渡る用途にご使用いただける包装資材を取り揃えておりますので、ぜひお気軽にお問合せくださいね。

メルカリを始めてみませんか?

はじめまして。ホウザイホンポスタッフのお母さんです。
今回のテーマは「メルカリを始めてみませんか?」です。

とっても簡単なのでまだメルカリをしたことがない方は、この記事を読み終えたらぜひメルカリに出品してみてください。出品するものはなんでもいいんです。例えば、お子さんが夏休みに読んだ漫画の本、もう読まないなら綺麗なうちに出品しちゃいましょう!

読まなくなった本や使わなくなった物などをOPP梱包材で包むと「あら、不思議!」新品のような綺麗な雰囲気に♬

以前本を購入したときにビニール袋に入っていなくて、直接紙袋に入っていたことがありました。ポストから出すと、当然びっしょり濡れていて悲しい思いをしたことがあります…。それからは何かを送るときは必ずビニール類の袋に入れてからのに二重梱包をするように心がけています。

「梱包がめんどくさそう」「きちんとできるか不安」とメルカリを始めるのに躊躇している方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、メルカリの始め方はとっても簡単!

1.メルカリアプリをスマホにダウンロード
2.売りたいものを写真にとる
3.題名、商品状態、発送方法、希望のお値段を入力
4.出品                        これだけ!

自分にとって不要なものが誰かの役に立つ、とても素敵なことですね。
メルカリを始めて、エコな暮らしをしてみませんか?

当店の梱包材は100枚入りですので100回のお引き取りに使用していただけます。100回も出品したらお部屋も心もスッキリ片付きそうですね。

最近、子供がメルカリを覚えて使わなくなったゲームを自分で出品して、他の欲しいものに買い替えたりして、メルカリを有効活用しています。新しいのが出るたびに買ってほしいと言われなくなりとても助かっています。私も帰ったら何か子供と一緒に出品してみようと思います。

ご紹介したように、OPP袋が自宅にあるってとっても便利ですよ。ぜひ一家に1つOPP袋を常備してみてくださいね~!

トレーディングカードを梱包する方法

ホウザイホンポスタッフ、Sです。
今回のテーマは「トレーディングカードを梱包する方法」です。

フリマアプリや買取サービスで、トレーディングカード(略:トレカ)を送る際に大切なのが、梱包です。輸送中にトレカが折れ曲がってしまったり、水濡れすると、商品として認められないことが多く、トラブルにもなりかねません。そこで今回は、防水や折れ対策を視野に入れたおすすめの梱包方法をご紹介したいと思います。

■トレーディングカードとは?
トレーディングカード(略:トレカ)とは、趣味として収集したり交換したりすることを目的とするカードのことをいいます。野球ゲームやゲームのキャラクターなど、トレカには様々な種類があります。ほとんどの商品はランダムでカードが封入されており、なかなか手に入れることができないカード、通称「レアカード」は収集・取引の対象になります。一般的に希少であったり、題材の人気が高いなど、何らかの付加価値を持ったカードは、他のカードに比べてかなりな高値で取引されることもあるようです。

■トレーディングカードの梱包方法
〇防水対策
水濡れ対策に必須のアイテム素材といえばOPP袋(透明ビニール袋)です。防水効果があるので、雨などで万が一郵送物が汚れてしまっても、中身のトレカはしっかりと守られているので安心です。

〇折れ対策
紙製のカードは刺激に弱いため、折れ対策をしっかりしておく必要があります。方法としては、ダンボールや厚紙でトレカを挟んだり、高価なカードであれば、100均などに売られている「硬質ケース」に入れるのも一つの方法です。その後にOPP袋や、緩衝材(プチプチ)で包むと防水+折れ対策はバッチリです。

■まとめ
今回のテーマは「トレーディングカードを梱包する方法」についてでした。
自分がいらなくなったトレカも、他の人にはお宝になる事があります。トレカの取引を行う際は、この記事を参考にして取引相手やお店の人とトラブルのないやり取りを行ってくださいね。ホウザイホンポはOPP袋を主軸とした包装、梱包資材の専門店です。生活雑貨、衣料品、文具、手芸品、パンフレット、食品等、多岐に渡る用途にご使用いただける包装資材を取り揃えておりますので、ぜひお気軽にお問合せくださいね。

薄手の洋服が売れたときの梱包方法

ホウザイホンポスタッフ、Sです。
今回のテーマは「薄手の洋服が売れたときの梱包方法」です。

洋服は、メルカリやヤフオク!等のフリマアプリで定番の商品というくらいに大量に出荷されています。身近なもので不用品になりやすく、破損の心配も少ないため、初めての方でも簡単に出品することができます。ですが、いざ洋服が売れたとき、梱包方法をどのようにすれば良いのか悩みますよね。そこで今回は洋服を梱包するおすすめの方法をご紹介します。

■洋服(子供服・薄手ワンピース・トップス・パンツ等)の梱包方法
ここでは薄い洋服(折りたたんだとき、厚さ3㎝以内)の梱包方法の一例をご紹介します。

1.A4サイズに薄く折りたたむ
まず、送りたい洋服をA4サイズに折りたたみます。ここで注意する点は、なるべく厚みが均等になるように畳むことです。洋服は厚みで送料が大きく変わります。できるだけ薄くコンパクトにするだけでかなりの送料を削減することができます。

2.畳んだ洋服をB4サイズのOPP袋に入れる
次に折りたたんだ洋服をOPP袋に入れます。A4サイズに折りたたんだ洋服を入れるので、少し大きめのB4サイズのOPP袋を使用すると入れやすいです。

3.A4サイズの紙封筒に入れる
先ほどのOPP袋に入れた洋服を茶色の紙封筒に入れます。紙封筒のフタ部分を梱包用テープで留めます。そして紙封筒に宛名書きを貼ります。

4.最後にビニール袋で包む
一見このまま発送しても良さそうですが、紙封筒をさらにビニール袋で覆いましょう。ビニール袋で覆うと、宛名書きが水で滲むことがない、洋服に水が浸水するリスクがない、などのたくさんのメリットがあります。

■まとめ
今回のテーマは「薄手の洋服が売れたときの梱包方法」についてでした。
今は着らなくなった服とはいえ、大切な服を譲るのであれば、少しでも喜んで受け取ってもらいたいですよね。そのため、商品だけではなく、梱包にも気を遣うようにしましょう。ホウザイホンポはOPPを主軸とした包装、梱包資材の専門店です。今回はおすすめの洋服を梱包する方法をご紹介したいと思います。

ハンドメイド作家さん必見!おすすめの梱包材

ホウザイホンポスタッフ、Sです。
今回のテーマは「ハンドメイド作家さん必見!おすすめの梱包材」です。

minneなどのサイトやアプリでハンドメイド販売を始めたばかりに悩まされる問題が、梱包ですよね。そこで今回はハンドメイド商品を包むのにおすすめの梱包資材をご紹介いたします。

■ハンドメイドの梱包にはこだわりましょう!
梱包は、届いたときに商品自体よりも先に購入者の目に触れます。実際に、購入者からのレビューは商品のことだけでなく、梱包についてのレビュー多いようです。そのため、梱包にはとことんこだわるようにしましょう。

■おすすめの梱包材6選
・プチプチ(エアパッキン)
アクセサリーや陶器などの壊れやすい商品の場合は、プチプチ(エアパッキン)でガードします。配送中に商品が壊れることはあってはならないので、きちんと保護しましょう。

・OPP袋
OPP袋は必須です。透明の袋に作品を入れることで、一気にお店の商品っぽくなります。ピッタリのサイズを手に入れるためには、ネット購入をおすすめします。

・ダンボール
壊れやすいものやかさばるものを送る際には、ダンボールを使用します。ダンボールが小さすぎて商品が曲がってしまったり、逆に大きすぎて中で商品が動いてしまうと破損の原因になります。ダンボールの大きさによって送料も変わってくるので、商品のサイズに合ったダンボールを使うことが重要です。また、ダンボールを留めるときにはガムテープを使用しましょう。

・緩衝材
食器などの割れ物を包んだり、ダンボールの隙間を埋めるための緩衝材です。緩衝材には、紙製のものやビニール製の袋に空気が入っているもの、発泡スチロールのものなど、さまざまな種類があります。

・封筒・紙袋
低コストで商品を送るには、封筒や紙袋を使うのがおすすめです。封筒には、エアー緩衝材がついていて緩衝材が不要なものや、耐水のものなどがあります。紙袋は、底部分がマチ付きであれば、衣類など少しかさばるものも梱包できます。

・マスキングテープ
マスキングテープは袋を留めるときに使用します。普通の透明テープではなく、マスキングテープを使用することで、見た目がおしゃれで可愛く見え、相手側も開けやすいのでおすすめです。

■まとめ
今回のテーマは「ハンドメイド作家さん必見!おすすめの梱包材」についてでした。
ご紹介したおすすめの梱包材を揃えるのはネットが便利です。ホウザイホンポはOPP袋を主軸とした包装、梱包資材の専門店です。OPP袋をお求めの場合は、ぜひホウザイホンポにお任せください!

「ハンドメイド作品を梱包するポイント」の記事で記載しているので、良ければこちらもご参照ください。

ハンドメイド作品を梱包するポイント

ホウザイホンポスタッフ、Sです。
今回のテーマは「ハンドメイド作品を梱包するポイント」についてです。

近年ハンドメイド販売のためのサイトやアプリの人気が向上していて、代表的なサイト・アプリに「minne(ミンネ)」があります。購入するだけではなく、制作したハンドメイド作品を販売する方も多くいらっしゃると思います。しかし多くのハンドメイド作家が、梱包について悩んでいるのではないでしょうか?せっかく想いを込めて作った作品が郵送の際に破損した、なんてことが起きたら何もかも台無しになりますよね。そこで今回は「ハンドメイド作品を梱包するポイント」についてご紹介したいと思います。

■よく起こるトラブル
ハンドメイド作品は繊細なものが多く、配送の際にさまざまな梱包トラブルが起こっています。梱包に関してよく起こるトラブルは、次のようなケースが多いといわれています。
・緩衝材が足りない
ハンドメイド作品は繊細だからこそ、緩衝材が十分でないと配送中に壊れてしまう場合があります。そうならないために、事前に多くの緩衝材を購入しておくと安心です。

・ゴミ袋やダンボールを再利用
身の回りのもので梱包材を使用したのか、ゴミ袋やダンボールを再利用してハンドメイド作品が壊れてしまった例があります。また、ゴミ袋やダンボールを再利用したものが梱包材として使われていたら購入者の気分も下がりますよね。受け取った側の気持ちを考え、ハンドメイド作品に合った箱や緩衝材を使うことを心がけましょう。

・過剰な包装
破損を防ぐためにきっちり包装することは大事ですが、過剰に包装をしすぎてクレームがくる場合もあります。梱包を解く相手の負担にならないような梱包を心がけましょう。

■配送用の梱包方法
・中身をエアパッキン(緩衝材)で包む
ダンボールや袋といった配送用資材に入れる前にラッピングした商品をエアパッキンで包みます。また、配送用の箱と商品との間に広くすき間ができてしまう場合は、クラフト紙を入れたり、エアークッションを入れてあげるのが良いでしょう。

・両面テープで破損を防ぐ
梱包方法としてエアパッキンやエアークッションなどを使用するのも大切ですが、箱の内側に両面テープを貼り作品が箱中央から動かないようにすることも効果的です。両面テープを使用するときは、剥がすときにお客様のストレスにならないよう、剥がせる両面テープを使用するのがおすすめです。

■ラッピングの際にお店のロゴを入れる
お店のブランドをアピールしたり、真似されることを防ぐためにお店のオリジナルのロゴやキャラクターをつくることはとても効果的です。そのようなオリジナルのロゴがあれば、ラッピングや包装資材にもぜひ活用しましょう。

■まとめ
今回のテーマは「ハンドメイド作品を梱包するポイント」についてでした。
インターネットが主流になっている現在、梱包の際の破損防止策は必須といえます。おしゃれで自分の作品やブランドイメージに合った、ていねいなラッピングを心がけ、相手の心を掴みましょう!
ハンドメイド用のOPP袋をお求めでしたら、ぜひホウザイホンポにお任せください!

食品包装資材やお菓子包装資材のニーズが高めているわけ

● 食品包装資材やお菓子包装資材のニーズが高めているわけ

ホウザイホンポスタッフ、ブログ担当Sです。今回のテーマは「食品包装資材やお菓子包装資材のニーズが高めているわけ」についてです。

包装資材っていろんなところで活躍しています。お菓子一つとってもお菓子の小分けの袋、その小分けの袋を入れる周りの袋、さらに梱包するときにも利用することもあります。
今回は「どうして食品包装資材がニーズを高めているのか」について3つの観点についてご説明いたします。

■コロナの衛生面環境向上
これが包装資材のニーズが高まっている、一番の理由の一つかもしれません。
コロナ感染拡大防止のため、食品スーパーなどではこれまで裸売りにされていた揚げ物などの総菜にプラスチック製のふた付きパックに入れて販売する形になりました。ベーカリーコーナーのパンや鮮魚などの商品もフードパックや OPP製の袋、紙の包装資材などに入れて提供しています。このようにコロナウイルスが出回ったことにより、衛生面をより気にするようになったのが理由の一つだと言えます。

■消費者意識の向上
今は誕生日や何かの記念日にプレゼントをしたり、バレンタインデーやホワイトデーにお菓子を手作りしたりする機会が増えましたね。その時にラッピングをするわけですが、今は可愛らしいデザインのラッピングや、おしゃれなラッピングの仕方など、包装する際の需要が高まっています。ラッピングされたプレゼントを開けるのってワクワクしますよね。

■販売会社の要望
最近は「いつでも・どこでも」手軽に買い物ができるネットショップが年々増加しています。
ネットショップが拡大してくるということは、自宅に荷物を届ける際の包装資材も必要になってきます。ネットショップが拡大してくるとなると、包装資材も増加傾向にあるといえます。

■まとめ
このように、コロナの影響であったり、時代の流れだったりで、包装資材が当たり前かつ必要不可欠な存在であることがわかりました。包装資材がどうして需要を高めているのか知ることができたと思います。
ホウザイホンポは、生活雑貨、衣料品、文具、手芸品、パンフレット、食品等、多岐に渡る用途にご使用いただける包装資材を取り揃えております。袋でお悩みでしたらぜひご相談ください。

メルカリならダイソーなど100均でも販売しているOPP袋

● メルカリならダイソーなど100均でも販売しているOPP袋

ホウザイホンポスタッフ、ブログ担当Sです。今回のテーマは「メルカリならダイソーなど100均でも販売しているOPP袋」についてです。

みなさんはメルカリを利用していますか??メルカリとは、無料で使えるフリマアプリのことです。自分の家にある不要なものを売ったり、他人が売っている商品を購入することもできます。今回はメルカリについてお話ししようと思います。

■メルカリが主婦や女性の中でも人気
メルカリは女性ユーザーがかなり多いので、ファッションやアクセサリーなどの女性ものも結構売れます。合間の隙間時間を見つけて、手軽に商品を出品できるので、特に主婦の方に人気です。 

■小物やいろんなものを販売して手軽に稼ぐ
メルカリの公式で発表している「メルカリを使う理由ランキング」での1位が「不要なものが売れるから」でした。(調査期間:2019年8月30日)自宅にある不要なものをスマートフォン一つで手軽に出品できる点は人気の理由の一つとなっています。

■写真撮影や、商品魅力にするにはOPP袋
ラッピングに多く用いられているのがOPP袋です。OPP袋は透明度が高いので、中身が美しく見え、見栄えが格段に上がります。商品を発送する際には、商品をOPP袋に入れた後、ダンボールや封筒などに入れてあげるといいと思います。

■100円ショップのダイソーでもあるので便利
「今すぐ包装資材が必要なのに、手元にない!」という方は、お近くのダイソーなどの100均で手に入れることができます。商品を梱包する自信がない、という方でも簡単に梱包することができます。大事なのは、”商品が傷つかない、壊れないようにする”、”商品が濡れないようにする”、”綺麗に梱包する”この3つを守っていれば何とかなると思います。

■まとめ
メルカリをこれから利用する方も、もうすでに利用している方もこの記事を参考にしていただければと思います。お互い気持ちの良い取引になるようにしたいですね。
ホウザイホンポは、生活雑貨、衣料品、文具、手芸品、パンフレット、食品等、多岐に渡る用途にご使用いただける包装資材を取り揃えておりますので、大量に包装資材が必要な場合はホウザイホンポまで、まずは気軽にお問い合わせください。